デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/10/18

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/10/18
■ いやいや、前提が変わってしまいましたから。というノブ。

とある大学で出会った「ノブ」。
円筒形で、鍵穴のみのデザイン。

このドアノブには大前提があって、
1.円筒は大きなキーシリンダーではなく、ノブであると認識できること。
2.筒の部分を回すのだ、と認識できること。
3.回す行為には、滑らない様な握力が必要なこと。
なかなか高いハードルです。
事実、大学関係者によると、結構開けづらいドアノブなんだとか。
確かに、両手に荷物を持っている時とか、ハンドクリームを塗っていて手が滑りやすい時の開けづらさは、容易に想像できます。

大学という場所が持つ「大前提」が可能にしたドアノブなんだと思いました。
威厳や独創性、思考や気付き。それらを醸し出すようなノブとして採用されたのでは。
そして、その大前提は時間の流れと共に変化して、今では不評を得るまでに。

「長く使える良いもの」とはいいますが、「長く使える」とは、そのモノが持つ大前提の部分の事を言うのだな、と感じさせるドアノブでした。