デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/9/19

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/9/19
■ 大切に感じる判断。

「残した方が良いもの」「残さない方が良いもの」。
大阪万博の跡地には、太陽の塔が残りました。
これだけ影響力のあるものですから、建設前も、建設中も、建設後も、賛成、反対があっただろうことは想像に難くありません。

その時々には「判断」のタイミングがいくつもあって、正しい判断を積み重ねてきたつもりの上で、最新の判断をする。でも、(時が経ってから)好まない状況が生まれてしまうような判断だった、ということもあります。
そして、それを好ましい状況に治すための、その後の新しい判断も必要になる。
そんな判断が折り重なった結果、太陽の塔があるんだなぁ、としみじみ。署名活動が誰かの判断に影響して、残す判断に落ち着いた。そんな流れも相まって、とても大切な存在に感じます。

様々な判断は、一時的にはブレてしまうものですが、判断を繰り返して時間が経つと好ましい方向へ修正されていくものだと思います。
ですが、その判断自体を阻害したり、以前の判断を無視したりして得た判断ならば、それはもちろんブレた判断。そんな判断は、大切には感じられないですよね。
太陽の塔には顔(のようなもの?)がありますが、笑って見えたり、寂しがって見えたり。 今は、、、怒っているように見えるかな。。。

ページトップへ