デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/6/27

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/6/27
■ 例えば、通訳のような働きの見立て。

携帯電話で撮影した写真を整理していたら、花びらの写真が出てきました。

野球のグローブの様で、大きな手のひらで水をすくう時のような形をしています。
いつ撮った写真かは忘れましたが、やっぱり「大きな手」に魅かれて撮影したのだと思います。

この性格だからメッセージカードを作ることになったのか、それとも、さまざまな種類のカードを作る必要からこの性格になったのかは定かではありませんが、よく「見立て」や「例え」をしているような気がします。

「これは○○のようだ」「これはアレに似ている」「例えばコレは○○と同じ感じだと思う」などなど。
もちろん皆さんも自然にしている事だと思いますが、友人と会話していたりすると、自分の場合は少しだけその比率が高いことに気付きます。

メッセージカードやバースデーカードは、誰かに渡すことが基本的な使い方なので、渡した相手にとって分かりやすい、という視点はいつも気にしています。
これは、簡単なようで、なかなか難しいポイントです。自分の常識と相手の常識にはズレがありますので。

そういったところに、いわば通訳のように「見立て」や「例え」がその役割を果たしてくれています。