デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/5/10

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/5/10
■ 作品を支える作品の出来栄え。

出店販売をする際には、その開催規模を踏まえた陳列方法を考える必要に迫られます。
例えば、会場の明るさや、来場者数と通路の幅、雨や風の天候など。そして大きな会場で開催されるイベントなどでは、出店者向けのレンタル什器も用意されています。
レンタル什器はとても便利なのですが、当然どの出店者も借りることが出来るので、似たり寄ったりになってしまいやすいところが難点です。
ララデザインが次回参加するイベントでは、幸か不幸かレンタルの予約を忘れてしまい、「仕切の壁を自作しよう!」ということなりました。
制作するとなれば、サイズの検討や材料集め、加工に塗装、組み立てと、自作の決断を後悔してしまいそうになる状況が連続するのですが、そこはやはり自分たちの好みで制作しているだけあって、作業の進捗が少し見える形になると、やる気も少し復活します。
少し進めては「あぁ、だんだんいい感じになったなぁ」と実感するようにして、次の作業へと自分を促します。

出店する側の視点になると、他の出店者の作品はもちろん気になりますが、その什器も結構気になるものです。
大きな会場のイベントへご来場で、作品を見て回ることに疲れてしまった際には、什器や陳列方法を自分のお部屋のディスプレイに活かすつもりで、見て回るのも面白い歩き方だと思います。