デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/4/5

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/4/5
■ ノープランの号砲と、優劣のない講評。

お好み焼きやホットケーキなどを焼く際には、小麦粉を溶いた生地が余ります。

もったいないので、余った生地を最後にフライパンの上にたらーっと流すのですが、この瞬間に思い出したかのように慌てて広げようとしてしまいます。
動物的な遊びの欲望なのだと思いますが、その時のことを思い返してみると面白いのです。

まずもって前提が、その生地は「余りもの」です。そこには成功も失敗もありません。それなのに、フライパンに垂らした瞬間に号砲が鳴り、どんどん焼けて固まっていく生地に焦らされながら、一所懸命に生地を何かの形にしようとする私がいます。
そしてお皿に載せた後の「講評」。「もうちょっと上手く伸ばせたなぁ」とゴールの良くわからない反省をして楽しんでいるのです。

この遊び、事前に気持ちを準備してしまうと面白くないのが不思議なところ。焦りながら、どんな形が出来るのか発見するのがポイントです。

もちろん食べ物で遊んだあとは、テロップに「※この後にスタッフでおいしく頂きました。」と入れておきましょう。

ページトップへ