デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2015/3/29

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2015/3/29
■ ひれ伏してしまう、その時代の世界観。

ララデザインで商品を出荷する際に使用している紙リボンです。

以前は違うメーカーのものを使っていたのですが、欠品のため今回はこちらのものを使う事に。
それにしても「パワー」を感じます。パッケージラベルのデザインに、時代性と言いましょうか、そのうごめく世界観に心を乱されました。
そのラベルデザインが、好きだとか、嫌いだとかの購入者(消費者)の視点ではなく、作り手の「どうだ!」と言わんばかりのプッシュ感に、まるで印籠を見せつけられて、「ははーっ。」とひざまずいてしまいそうな勢いです。

これは、作られたその時代の雰囲気のなせる業なのでしょうか。
今この時代に売られている商品の中で、50年経っても販売が続いていて、なおかつパッケージに変化のないものは、どれくらいあるのでしょうか。
半世紀後の人たちが、今日のパッケージをどんなふうに感じるのか興味が湧いてきます。
50年後の人たちをひざまずかせてしまう様な、印籠パワーを持ったパッケージラベル。今の時代のパワーや世界観ってどんなものなのでしょうか。