デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/11/10

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/11/10
■ 空気をどんぶりで計っています。

ここ5年程、半年に1度のペースで開催されるイベントへ出店を続けて
います。商品陳列には、毎回新しいやり方を加えて試行錯誤するので
これと決まった陳列方法が無く、出店の度に変化しています。

毎月開催されている手作り市とは違って、試行錯誤するチャンスは
半年に1度しかやってきません。さらには、前回、前々回と比較する
こともしたいので、大きくは変えず、一部のみを修正して、
商品が取り易くなったか、どこに何があるのか見やすくなったか、
などのポイントを検討しています。

これを読まれた方は、私たちに真面目な印象を持たれたかもしれませんが、
結構どんぶり勘定的な試行錯誤なので、ご期待には沿えていません。。。

どのあたりがどんぶり勘定かと明かしますと、
例えば、試行錯誤の成否は、お客様の感情の高ぶりで判断している
ところが大きいです。メッセージカードをご覧になられて「かわいい」と
おっしゃって下さるその雰囲気で、どうかな?と。

先日のイベントでは、良い「感情の高ぶり」をいただきました。
一般的には、回転率や購入率、滞在時間など、お店をやられている方々が
意識している数字があると思うのですが、ララデザインの場合は、まだまだ
屋台的なお店で、時折お店を開く程度ですので「感情の高ぶり度」が
一番信頼している部分です。

何だか、お笑い芸人や、舞台役者の感じ方と似ているのでは、と
思いました。ステージでお客さんの息遣いを感じながら、会場の空気感を
掴もうと一所懸命になる様子です。

出店の度に、空気に左右されるララデザインの今です。

ページトップへ