デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/8/3

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/8/3
■ 「せっかくなら楽しい方」の魔力。

ここ半年くらい前から意識している点なのですが、
商品陳列を行う際に「テーマ」を設定して、世界観が伝わるように
心掛けて什器を制作したり、商品を並べるようにしています。

写真は、今月大阪で行われるイベント販売で使用予定の什器です。
(芝生は人工芝ですよ。最近の芝生はリアル。。。)

イベント全体のテーマは「動物園」。
複数の作家が、同じテーマで作品を持ち寄って販売するイベントです。
ララデザインのカードにも動物は多く出てきますので、もってこいです。
動物園っぽく、什器に柵を付けようか、園内マップを底面に貼ろうか、
などなど、考えた結果、ララデザインの動物園は、動物も人も混在した
国立公園のようなイメージにすることにしました。
なので、柵無し、草原に動物をバラして配置、以上!ということに。

手の込んだ什器は、一度制作してしまうと応用が利きにくく、テーマが
変わってしまうと雰囲気が合わなくなってしまう欠点があります。
その中でも一番の欠点は、什器を考えたり制作したりする時間が
多く費やされてしまうという点です。

では、なぜこの頃のララデザインでは、什器にテーマ性を盛り込んでいる
のかといいますと、、、
「お客様の気持ちを、ララデザインのカードの世界に瞬間移動させたい」と
考えています。単純に言えば「そっちの方が、もっとワクワクするでしょ?」
という感じです。

難点はたくさんあるのに、「比べて考えたら、楽しい方がいいよね」の一言で
しんどい道にスルーっと入っていってしまうのが、作り手ポジションの
恐ろしいところです。
今回の芝生什器も苦難の連続でした。
ただ、出来上がってみたら「やっぱり面白いわ!」。