デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/7/20

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/7/20
■ 目的地の手前にある「いつかの目的」。

出店販売の会場へ向かう朝に、素敵な建物に出会いました。
こちらは、東京都内にある高輪消防署 二本榎出張所です。
後から調べてみたら、昭和8年に建てられたものだそうです。
3階は円形の講堂になっていて、さらに高い位置の火の見やぐらは
東京湾や23区の広いエリアを見渡せたそうです。

この建物に出会ったのは、カーナビを使って車移動をしたため。
カーナビが無ければ、大きな幹線道路を通っていたと思いますので、
出会う事はありませんでした。
ナビはたまに「え?ここ通るの?」という道を示すことがあります。
そんな初めて通る道に、この建物もありました。
普段は選択肢の中でも、知っている道を優先することが多いと
思いますが、ナビの機械任せで生まれる「発見」も楽しいです。

この感覚、図書館で本を借りる時に似ていると思いました。
目的の本にたどり着くために書架を進むのですが、慣れない図書館だと
なかなか本のありかが分からず、蛇行します。
そんなことをしているうちに、興味が湧く背表紙を発見し、
足を止めてしまう。
図書館の重要性を訴える人の中に、この「途中の誘惑」の大切さを
主張する人は多いのではないでしょうか。
目的の本だけでなく、その途中で強く惹かれるものにこそ、
今その人が欲しているものが埋め込まれているのだと思いました。

角丸の上に円柱を2つ載せたかわいらしい構造、
モダンで清潔感を感じさせていたであろうタイルの外観、
撮影した時に感じたものは複数ありましたが、写真を眺める昼下がりの
今は、ロウソクを立てたホールのケーキに見えています。
生クリームの食感を想像している今、
「途中の誘惑」の恐ろしさを実感しています。

ページトップへ