デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/7/14

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/7/14
■ 知ったかぶりでも安心の気持ち良さ。

街なかを流れる川沿いに設置されている柵にカモがいました。
特段、カモが珍しいわけではないのですが、この時は、
人に慣れているのか、かなり近寄っても全く逃げる様子が
無かったので、ジロジロと観察させてもらいました。

くちばしの先に黄色があって、脚はオレンジ色で、翼の一部には
紫色の羽までありました。所どころに目を引く色が混ざっています。

白物家電というくくりがあって、ここ何年も「シンプル家電」とか
「デザイン家電」という言葉が飛び交う時期だったと思うのですが、
それらは「単一な色使い」が基本になっていて、白やグレーの他に
アルミや木材の素材色が商品全体に使われている印象でした。
その均一な状況の中で、突然「color」を持ち込まれて、ぐぐっと
気持ちを持っていかれることもあります。
例えばiPhone 5cやダイソンの掃除機などは、単一な色の商品群の
中で、パッと目に飛び込む色使いなので、すぐに「あっ、ダイソンだ」
と見つけることが出来ます。

あまり詳しくなくても、すぐに識別できる気持ち良さってありますね。
カモを見つけた時もそんな感覚がありました。
鳥に詳しい訳ではないけれど、「あっ、カモだ」と自信を持って
口に出すことができる気持ち良さ。

名前を知らない綺麗な鳥にも出会いたいと思いますが、
この日は「カモだっ!」とスパッと言えて気持ち良かったです。
いずれカードだけを見ても「ララだっ!」と気持ち良く口に出して
言ってもらえる商品群に育てていきたいと思います。