デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/3/30

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/3/30
■ 新しい場所に、跡を残す気持ち良さ。

カリカリカリっとやった跡です。
大きな飼育ケージの中で放し飼いにされているリス達が、この木で
爪とぎをしたのではないかな、と思います。

均一に爪とぎ跡が付いているのが、面白いと感じました。
お気に入りの爪とぎ場所があって、1か所だけがボロボロという状態だって
おかしくないと思うのですが。
木の色や傷の付き方が相まって、オーストラリアのアボリジナル・アートを
想起してしまうような緻密で情熱的な印象です。
ちょっとふざけてみれば、リスの両手にモップを持たせたら、この木の幹は
ツルツルピカピカになるんではないだろうか・・・ そんな勢いを感じます。

でも、リスの気持ちは想像できそうな気がします。
私も、まっ白く積もった新雪の誰も歩いていない部分を歩きたい。
砂浜に指で文字を書くなら、波で洗われた平らな部分に書きたい。
歩いたり、書いたりする目的よりも「気持ち良さ」が勝っている気がします。
リスにも、木の「新しい部分」で爪をカリカリカリっとする「気持ち良さ」も
あるのでは?

そこで今回の仮説は、
「新しいスペース + 気持ち良さ + 同じ行動 = 緻密で情熱的な結果」。

掃除とか、転職とか、習い事とか、
いろいろ置き換えてみると、うん、何だか当てはまりそう。