デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/2/2

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/2/2
■ 混ぜ物の種類と量がアイデンティティー。

公園の遊具には、動物のモチーフを取り込んだものも多くありますが、
そのそれぞれが持っている空気感には独特のものがあると思います。

大きなタコの形をしたすべり台は、やっぱりゆっくりとした動きで
纏わりつくような雰囲気が。くねくねとした、いも虫やヘビの形を
したトンネルも見かけることがありますね。

写真のパンダもポツポツと見かけることがあります。
このタイプは、劣化してペンキが剥げてしまったものが多いのですが、
こちらは美しく保たれている方だと思います。
でも、ご覧になられている方はペンキなんかの事よりも、目と鼻と口の
位置関係の方が気になっていらっしゃると思います。
私も気になります。
今回は、個別のポイントは突っ込まずに全体を見てみました。

かわいい、こわい、両者ご意見あると思いますが、「気を惹く」という
観点で見てみると、かなり評価が高い気がします。
興味を持たせる遊具、という点です。
「カワイイ」には色々な種類が内包されていると思いますが、ただ単に
かわいいというだけでは、意外となかなか興味を持てなくて、
ほんの少しだけ「こわい」とか「きもい」などのマイナス面が加わると
何だか、とっても気になるカワイイが生まれる気がします。
「混ぜ物のあるカワイイ」とでも言いましょうか・・・

そんな事を想った先ほど、自らハンドメイドしているカード群を
見回してみました。
結構混ぜ物入ってます。

ゴチャゴチャ、コテコテではありませんが、やっぱり何かしらは
マイナス面が入っているのに気づきました。一番多く感じるのは
「切なさ」だと思います。動物の目がそんな感じをしています。

今のところ、ララデザインのカードは、
「カワイイの中に、切なさが混ぜられて作られている」という評価で
問題なさそうです。