デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2014/1/26

バースデーカードのモチーフアイデア
posted 2014/1/26
■ あっちからゴソゴソ。こっちからホイサ。探して集めて蓄える。

『素材を選んで、材料を集める。』

ララデザインの商品で、お客様に最も分かりやすい素材は「紙」です。
現在制作しているカードや封筒、便箋などに使用している紙は、全部で
24種類あります。
その中には、厚い紙、さらに分厚い紙、模様の入っている紙、色紙、
エンボス等凸凹した紙・・・などとても個性豊かです。

基本的には、モチーフが決定した後にそれに適した紙を探すため、
新商品が増えると取り扱う紙の種類も増えていく構図になっています。
例えば、「リコーダー」は、実際のリコーダーケースの雰囲気をカードに
落とし込むために、菱目のエンボスが入った濃いベージュの紙を採用
しています。帆布の様なざっくりとした素材感を表現しています。
そのため今のところリコーダーケースに使われている紙は、他商品には
使われておらず、リコーダーケースの在庫生産されるまでの間ずっと
ララデザインのストッカーで出番を待っています。

一方、とてもよく使う紙は「水彩紙」という紙です。
こちらは、発色も良く、手触りや固さ、暖かい色味がとても
気に入っているので、カード系の大多数に使われています。

1商品にしか使われない紙、多くの商品に使われている紙、さまざまですが、
どれも何百種類の中から選んで取り寄せている紙ですので、自信を持って
使っています。
ストッカーにある紙は、「たった」24種類の紙。もっと増やせると
思っています。
ララデザインの紙に囲まれた巣作りは続きます。