デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/11/30

デザイン・動物・植物のモチーフアイデア
posted 2013/11/22
■ いろいろ体験したいけど、無心になっちゃう。

リース作りのワークショップに参加してきました。

このところ色々な場所で「ワークショップ」の企画を
目にします。何かを「買う」ことにプラスして、何かを体験
「したい」という気持ちが、多くの人の心の中で、膨らんで
いるようです。

ララデザインでも「ワークショップを開いてみませんか?」と
お声を掛けて頂くことがあります。ごく稀にですが。。。
ただ、現状ではワークショップを行ってはいません。
ワークショップに活用できるセッティングを見つけるのが難しい
のです。セッティングを別の言葉で表せば、「鉄板ネタ」とでも
いいましょうか、必ず喜んでもらえる体験セットという事ですね。
カードには、描く、切る、組み立てる、書く、贈る、と流れが
ありますが、一定の時間で、皆が楽しめて、満足できるプロセスを
どんな風に組んで行けば良いのか、見いだせていないのです。

でも、いつかはやってみたいと助走はしています。もう少し磨いて。
今回は、参加者としてワークショップに。その時間は、無心でした。
スタートすると徐々に視野が狭くなり、周りを気にしなくなり、、、
目の前のリースだけを見ていました。とても心地よい時間でした。

ワークショップの概要はとても重要です。その概要を見て、参加するか
しないかを決めますから。何をやって、どんなものが作れるのか。
でも、一度参加してしまうと、「どれだけ無心になるか」がとても
大切だと感じました。激しく言ってしまうと、やることは何でも
構わない、とにかく無心になりたい、そんな気持ちが無意識に芽生える
ようです。
無心になるためには、ワークショップの内容は盛りだくさんにしない方が
良いのかも知れません。
今回は、シンプルで無心になれるワークショップに参加できました。