デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/8/25

メッセージカードのデザイン・動物・植物のモチーフアイデア
posted 2013/8/25
■ 雨が作るスケジュール。

1日の中で、雨が降ったり止んだりする日が最近は増えてきたような
気がします。ゲリラ豪雨があったり、亜熱帯の気候に近づいていると
言う人の話も聞きます。

そんな、傘が必要な日に出展販売が重なる時も、たまにあります。
私たちララデザインが高い頻度で参加している手作り市では、雨天の
場合は中止となります。まさに、今日がその様な日でした。
そんな荒天時の「過ごし方」に、ちょっと興味が向かいました。
天候と密接に関わって生活する方々の荒天時、どうしてるのだろう?

例えば、農業や漁業に関わる方々などです。
天候の状況によっては、風雨対策を取らなくてはならないから、
荒天でも「休み」ではなく、「スタンバイ」状態になる。
しかも、荒天は不計画に起こる。
荒天によって、いつ休業日になるか分からないし、対策が必要な場合に
荒天によって、いつ仕事に駆り出されるかも分からない。
その様な環境の中で仕事をし、生活をしている人は、どうやって
荒天時を過ごすのだろう。急な休業日にどんな時間の過ごし方を準備
しているのだろう、と思いました。

荒天だからこそ、逆に仕事が忙しくなるパターンも?
荒天時用の仕事を溜めておく? 実はスパッと休みの日にしてしまう?
天候を相手にしても、1日を有意義に過ごすテクニックがどこかに
隠されているように思えます。

ちなみに今日のララデザインは、雨の合間を狙って美術館に行き、
アトリエに戻ってからは、美術館に使った時間を取り返すかのように
バリバリ仕事しました。
私たちの1日に隠れていたのは、仕事に追い立てられるテクニック・・・


--> トピックス一覧

ページトップへ