デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/6/1

メッセージカードのデザインの種
■ 子供も大人も、我慢する博物館。

東京駅の目の前に「KITTE」という施設が3月にオープンしました。
以前は、東京中央郵便局の建物だったのですが、一部を残し一部を改築して
言うなれば、郵便局がテナントを集めてデパート始めた、という感じです。
テナントとして入居しているお店もなかなか面白いのですが、
今日のおススメは、「インターメディアテク」。

名前だけを聞くと、科学技術の研究施設の様なのですが、
噛み砕いていえば、東大の標本展示室です。小さな博物館ですね。
展示物は、東大で研究を進めてきた方々が、実際に研究で使用してきた
「本物の標本」です。
化石があったり、動物のはく製や蝶の標本、宝石の様な鉱物の結晶・・・
はっきり言って、古いものばかりです。それどころか、ホコリも
展示の一部、ということで、ホコリまみれの銅像などもあります。

でも、おススメなんです! その展示内容もさることながら、展示手法も。
博物館を観覧する感覚よりは、探検する感覚です。
ただ、その展示手法のせいで気を付けないといけないことがあります。
「絶対触りたくなります、いろんなものを。」
しかし、「お手を触れないでください。」と小さく貼ってあります。
子供は触ってしまうでしょう。私は十分大人ですが、我慢するのに必死でした。
元々は標本ですから、展示用でなく、もろく壊れやすいと思われます。
たぶん触ればすぐ壊れますが、触れる場所に露出されて置かれています。
でも、触りたくなるような、興味を引く展示なんです。
そんな博物館を作った東大の心意気にやられてしまいました。

そして、小さな声でお伝えしますが、無料です。入館料が無料なんです。
他府県からいらっしゃる方は、最近は、上野や品川で新幹線を
降りてしまったりで、なかなか東京駅を利用しない方も増えたのでは。

でも、切符を東京駅着にして、商業施設も含めて2時間をKITTEで
過ごしてみてはいかがでしょう。

インターメディアテク訪問は、我慢できる方だけですよ。。。

KITTE website
インターメディアテク website



ページトップへ