デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/4/21

メッセージカードのデザインの種
■ 職業欄に、いくつ書く?

八百屋さんがあって、肉屋さん、パン屋さん、靴屋さん、レストラン・・・
多くのお店が専門店として営業をしている中で、ララデザインは何屋さん?
と考える時がよくあります。
このウェブショップや出展販売の時は、「メッセージカード屋さん」
というのが、一番わかりやすいと思うのですが、ひと括りに出来ない部分が
ポツポツとあります。たとえば、ロゴのデザイン。
音楽教室やヨガスタジオのロゴ制作を行ったりもしています。
一方で、今日は何をしているのかといえば、木を削ったり、布を貼ったりして
東京・神保町にオープンするワーキングラウンジの備品を制作しています。
さらにさらに、おとといは?と言えば、鋳物メーカーと一緒にプロダクトの
デザインを行っていました。

大きく括ってしまえば、名前の通り「デザイン屋さん」なのですが、
最近のデザインって言葉、なんだか怪しいですよね・・・
なんでも「デザイン」って、くっ付けちゃうみたいな。

ある時は、「農家」に近いんじゃないか?と思ったこともあります。
複数の作物を育てていたり、季節によって仕事内容が変わったり。
時には、育てた作物を車に乗せて移動販売を行ったり。。。
海外では、週3日を会社員として働き、週2日を警察官(警備員ではなく)として
働いているというスタイルも紹介されていました。

肩の力を抜いて考えてみれば、色々な仕事を組み合わせて働くことを
自分のスタイルにしたっていいじゃない。と感じました。
そして、もっと感じたのは、「自分の生活が活発になりそう!」

皆さんは「○○屋さん」を幾つやりたいですか?



ページトップへ