デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/4/13

メッセージカードのデザインの種
■ いびつな積み重ね方してます。

ものごとを積み重ねると、上手くなったり、手早くなったり。

ララデザインでは、何を一番積み重ねてきたんだろう? と思い返すと、
その一番は、「議論の時間」だと思います。
一つのカードを生み出してから、在庫制作して販売するまでの時間を
円グラフにすると、圧倒的に「どんなカードにするか会議」を
しているエリアが一番広くなります。それは「延々と」という表現でも
差支えないほど、長い時間を「検討」しています。
その次は、やはり描く時間と設計する時間が多いでしょうか。

では、何をそんなに? と言われれば、
新たに作り出すカードの世界観を決めることと、
そのカードを買って、使って、受け取る人の視点をなるべく想像することに
多くの時間がかかります。
前者の“世界観”は、日常生活の中で面白い種が転がっていますので、
それらを溜めておいたり、探したりして、カードのモチーフに似合う
種を当てはめます。ですが、後者はほんとに難しい。。。
子供の気持ちになったり、左利きになったり、孫にプレゼントするお年寄り
になったり、告白する男の人になったり、OLや主婦になったり、
看護婦さんになってみたり、雑貨屋さんになってみたり・・・
いろんなシチュエーションを想像してみて、カードの面白さを考えてみる
のですが、その時間のララデザインは、意味のあること無いことずっと
話したり、黙りこんで頭がグルグルしたりしています。

普段は、商品だけずらーっと並んだ状態でお客様にご覧いただいて
いますが、「ララデザインのカードって、どんな風に作られるの?」と
興味を持たれたお客様がいらっしゃれば、と、その一端を書いてみました。


最後にお知らせですが、
毎月のように参加してきた「鬼子母神 手創り市」ですが、
5月の出展応募を忘れてしまいました。なので、5月の出展販売は
デザインフェスタのみとなります。
(4月はちゃんと、21日と28日の手創り市に出展しますよ!)

出展応募の「積み重ね」失敗しましたっ!