デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/3/9

■ まぁ、よくある奇跡ってやつですよ。

電源のケーブルとアンテナのケーブルの共同作業です。
おまけにピントが地面の方に持っていかれてしまいました。
いかにも寂しげな光景です。

でもこの光景、比較的いろいろな場所で見かけませんか?
私がよく目にするのは、壊れた(穴の開いた)フェンスを
電源ケーブルで、ジグザグと繋いでいるものです。
フェンスは、ビニールコーティングした針金を編んで作られていますので、
確かに電源ケーブルの材料と雰囲気は何となく似てます。
見た目の色や固さが全く違いますが、きっと人に訴えかけるのでしょう。
「ボク、フェンスの穴を補修するロープとしてピッタリだよ!」と。

「壊れた部分を、別の壊れた物の部品で直す」って、改めて考えると、
何だかすごい。エコや技術の観点じゃなくて、「出会えた感」がすごい。
まったく違う国や会社や時代の物が、お互い結びついて力を発揮するなんて。
壊れた部分に「丁度いい!」と感じさせる相手が、偶然にも現れるとは。

変なところに感動を覚えておりますが、
電源ケーブルもアンテナ線もフィーリングカップルで出会った仲な訳です。

いや、、、出会わせた仲人の手腕がすごいのかな・・・