デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2013/2/16

■ バゲットと文庫の間に新商品。

カードの大きさは、なかなか自由にならないものです。

何となくこんな大きさのカードを作りたい、という気持ちはあります。
でも、さすがにカード作りは、イラストのモチーフ選びから始まります。
モチーフが決まると、縦横のバランスが決まってきます。

例えばバゲットのカードでは、モチーフにバゲットを選ぼうとしたら、
細長〜いカードになりそうなシルエットが頭に浮かんできました。

ひょっとしたら大きな会社では、この企画段階で「細長いカードなんて
製造しにくいし、書きにくいし・・・」ということでお蔵入りかも。
どうしてもバゲットにこだわるならば、イラストのバゲットを
スライスした絵に変更したり、他のキャラクターにバゲットを持たせて
縦横比のバランスを緩和したりするかもしれませんね。

ララデザインのカードには、ストーリーがある為に、幸か不幸か
モチーフのイラストを簡単に変更できません。
(私たち二人だけで作っているので、気持ちの問題ですが...)
バゲットのカードは、買ったばかりのバゲットを小脇に抱えて
街を颯爽と歩く女性をイメージしているので、スライスしたり、
他のキャラクターが出てきてしまうのはおかしいのです。

そのような訳で、バゲットは、細長いままカードにすることに。
あとは、その縦横比のまま、拡大したり、縮小したり。
実寸で作れそうなサイズのモチーフも、思い切って小さくすると、
とてもキュートなカードになったりします。

バゲットの右側のカードは、手創り市での販売からスタートです。



ページトップへ