デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2012/10/27

■ モヤモヤ のち 嬉しい。そんな空模様。

「私の良いところってどこですか?」
「私しかできないことって何ですか?」
と、急に聞かれたら、きっとドギマギしてしまう。

写真は、今も大賑わいのスカイツリーのすぐそばにある工房で見学した
木版で模様を刷る一場面です。木版刷りは、見学すれば一目瞭然で、
その刷り方もとても理解しやすいものです。この工房では、木版を利用して
店舗や個人宅の壁紙などを制作しています。
紙に図柄を印刷するという目的だけであれば、素晴らしい技術や機械、道具が
たくさんありますが、見学した時の目の前には木版が1枚。
ふと、料理のレシピを考えるような気軽な気持ちで「これで何が出来るかな」
と考えていました。そこで出てきたのが最初の質問です。
木版に質問されたような気持ちになりました。
やっぱりドギマギしてしまうのですが、そこでふんわり浮かんできたのは、
そんな最高の長所や、唯一の特徴なんて探さなくても、モヤモヤした
小さな良いところが重なって気持ち良いものになれば十分イイ!と。
そして、その小さな良いところって、受け取り方でかなり変わってしまう。
線がゆがむところがイイ。にじむところがイイ。少しずれるところがイイ。
そんな変わった、小さなイイところをモヤモヤっと組み合わせて
イイものが作れたら嬉しいと思っています。
唯一で、とても強力なチャームポイントを商品に込めるより、小さくて
やわらかなチャームポイントを組み合わせて商品を作りたいと感じています。