デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2012/9/22

■ モアイ像まで大きくなると、並べてもだめだと思います。

同じものを並べると、「何だか売り物っぽい」現象を感じます。
以前、ララデザインとしてグリーティングカードを作り始めた頃
商品の種類が少ない上に、作ることに不慣れで陳列している在庫数も
少ない時期がありました。
その頃は、目の前に商品が並んでいても、「販売」をしているのに、
見てもらうだけの「展示」に近い雰囲気でした。
ところが、作ることに慣れてくると商品の生産数が増えて、それらを
ずらっと並べると、「商品を販売してる感」が出て、少し自信が付いたのを
覚えています。
焼き物や木工品などの作家さんでは、商品単価が高いので、
出展販売の時に100個も200個も商品を並べたりすることはないと思うのですが、
私たちの商品は、10枚20枚の在庫が「ぺらん」とテーブルに置いてあっても
なかなかお客さんは手に取っていただけません。
「展示しているだけかな?」と思われてしまうので。

この「何だか売り物っぽい」と感じることに励まされることもありますが、
気を付けてもいます。あまりにも沢山並んでいて、大安売りセールみたいに
感じられてしまっては悲しいですから。幸いララデザインでは、印刷から
袋に詰め終わるところまで、すべて二人でやっているので、在庫が沢山
出来すぎてしまう、ということがありません。
ちなみに、右の写真のハンガーは商品サンプルの陳列用です。
こんなに並ぶと、何だか売り物を作っているようにも見えてきます。。。



ページトップへ