デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2012/8/3

■ 多すぎず、少なすぎず。その間の・・・で、どこ?

手作り市にはいろいろな出展者がいます。
一品モノを並べていて売り切れ御免の販売。さらには、出展中に
オーダーを取って、後から納品する完全オーダーメイドのお店。
一方では、職人さんや専門業者にオリジナルで製造をしてもらって
商品に仕立てるお店。私たちは、今のところオーダーメイドでは
ないけれど、製造から販売まで自らで行っています。
(私たちと同じスタンスの出展者が一番多いと思いますが・・・)

そこで、いつも頭に浮かぶことがあります。どれぐらいの量が
ちょうど良いのかな、と。もちろん作るものによって差があるのは
当たり前なのですが、私たちは紙モノ。 業者で刷るだけなら、
千枚や一万枚などすぐに出来てしまいます。でも今は二人で制作。
そこのバランスを出展時に思い巡らすのは、実はとても楽しいです。
他の出展者が先生にもなるし、同じことを考える仲間にもなるので。
ただ、自分の手に負えない量を作り出すのはやめようと思っています。
まぁ、そもそも二人の手作業で出来る量は限られているのですが。

(商品1つに6種のペンギンはやりすぎたかな・・・
作るのタイヘンダ。 でも、卵パックは6個じゃないとな。。。
そんなことを考えながら今日もペンギンたちを一羽ずつポコッと。)