デザインオフィスについて

ララデザインでは、生活用品を中心にプロダクトデザインやグラフィックデザインのご依頼も承っております。
商品の企画・開発段階から販売、リニューアルまで、柔軟にデザイン領域を設けていますので、お気軽にご相談ください。

お一人で制作を続けている伝統工芸の職人さんから、地域に根差した産業、製造業の新商品開発まで、
ララデザインの二人が一緒に悩み、一緒に歩みます。

詳しくは、デザインオフィスのウェブサイト『 rala.jp 』をご覧ください。

デザインオフィスのパネルを開く

 --> [ カートを見る ] --> ログイン・マイページ --> ご利用案内 --> お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

posted 2012/6/23

■ 「ポリポリ」と「ポリッポリッ」は違う。

こちらは商品に入っているミシン目の設計図の拡大です。
さすがにララデザインの二人でも、この一部だけを見て、
「あ! あの商品のミシン目だ!」という職人技は出来ません。
ただ、ミシン目の個性はあります。
通常、ミシン目は、同じ間隔で入っています。ララデザインの商品
にも同じ間隔のミシン目が入っているものは、いくつもあります。
それは、開けやすさ、ミシン目が破けて開く時の音のリズムや
手に伝わる振動などを考えて選択しています。
例えば、卵のパックは、一気に気持ちよく開けたいですよね。
なので、『保育園』は一定間隔のミシン目になっています。
一方、カバンや何かの収納袋って、チャックが引っかかったり
一定のスピードで開かなかったりしませんか?
そこ! 重要だと思うんです。
右上のミシン目は『くまテント』のものです。
テント入り口のジッパーの開けにくい部分、開けやすい部分で
ミシン目の長さや間隔を変えています。
開けにくいイライラや一気に開く快感を楽しんでもらえたらいいなと。